大人 (Adults)

English Alive!にはさまざまなレベルの大人クラスがあります。すべてのクラスに共通する目標は英語を「イキイキ」と保つこと。教材には、会話の本、ニュース記事、言語パズル、カードゲーム、さらに映画なども活用します(会話テキスト「Talk a Lot」と映画の詳細は下記をご覧ください)。

一緒に楽しく、生きた英語を身に付けましょう!

 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

TALK A LOT
Talk a Lot cover.jpg

これは大人向けの会話テキストです。使用頻度の高い語彙や文法を日常会話でよくある話題を通して紹介し、その語彙や文法を効果的に使用(練習)できる構成になっています。

このテキストの一番の魅力は、テキストの内容にしばられず、自由に会話をひろげていけるところです。テキストを使った学習では、練習問題などの与えられた課題をこなすことにとらわれがちですが、Talk a Lotは違います。テキストの内容をきっかけとして会話を始め、やがてテキストからはなれて発展し、でも必要に応じてテキストに戻って確認できる、そんな教材です。

  – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

映画 (MOVIES)

movies in the classroom

学習者が英語の勉強に使う教材や媒体に強い興味を持てば持つほど、その学習経験は強烈でインパクトの大きい物になります。その点で、映画は学習者が夢中になれる最適の教材ではないでしょうか。というわけで、English Alive!ではレベルが上のクラスを中心に、教材として映画を取り入れています。
映画の中には自然な生きた表現がたくさん散りばめられていて、同時に英語を話す国々の文化的な要素にも接します。ストーリー展開や映像の動きからも背景や前後関係を理解するための情報が加わり、聞こえてくる言葉に意味が添えられ(理解しやすくなる)、記憶にとどまりやすくなります。
映画を使った学習の効果を最大限引き出すために、通常「観る→読む→再度観る」というステップを踏みます:
1. ワンシーンずつ観ていきます(通常5分未満)。生徒はストーリーに引き込まれ、次に何が起きるか気になります。このことで、耳にしている英語が説得力のあるものになり、興味の度合いが増します。
2. 映画の中のセリフを一緒に読み、分からない単語や表現があれば質問します。この時、興味深い自然な文脈の中で、新出語彙や文法の説明もします。
3. 同じシーンをもう一度観ます。その場面で何を言うのか分かった上で観ることで、聞く力が促進されます。また、3回同じ場面に触れることでストーリーの理解度も上がり、語彙や文法も強化されます。同一シーンを2回観ることは、言語学習においてとても意義があります。
English Alive!では映画の内容に沿ったワークシートも作成し、映画に出てくる英語の学習ポイントを強化しています。それにより、生徒の語彙力や文法の理解度を再度確認し育てていくのが狙いです。
映画は、豊かで興味深くバラエティに富んだ生きた英語を提供してくれる、English Alive!で人気のアクティビティの1つです。